So-net無料ブログ作成
検索選択
AIBOとおでかけ ブログトップ
前の10件 | -

鳥取へ~その3~ [AIBOとおでかけ]

最終日の朝。

大山の牛乳を使ったヨーグルトや、自家菜園の野菜のサラダなど、新鮮でオシャレな朝食をいただき(ごめんなさい、また写真はありません)、ゆっくり帰りの支度をしました。

スタッフさんの温かいお見送りを受けて、くじら君は出発[車(RV)] 

さようなら大山.jpg

さようなら、大山…

 

この日はノープランだったのですが、おとーちゃんの提案で「足立美術館」へ。

庭園の美しさが、日本一だそうで 

足立美術館_1.jpg

足立美術館_2.jpg

さすがに手入れの行き届いたすばらしいお庭です。 どこから見ても絵になります。

しかし、しかしですよ。何となく違和感が。

というのは、この足立美術館、勝手に山あいにあるとイメージしていたのですが、広い平地の真ん中にポツンとあるのです。

まさに「箱庭」というか、設計された美しさなのですね。

 

じっくりと絵画と庭を堪能し、最後に道の駅で「ひるぜん焼きそば」を食べ、梨を買って帰りました。

ひるぜん焼きそば.jpg

 

ひらパー姉さんや同じフロアの女性陣、そして姪たちへのお土産は、こちら

うさぎのおみくじ.jpg

白兎神社の「おみくじ」です。

お守りよりも可愛かったので、まとめて購入…おなかに、おみくじが入っています。

姪のおみくじは、こちら

おみくじ.jpg

 

家に帰って、まったりする人たち

旅行もいいけど.jpg

楽しかった3日間の旅行が終わり、また忙しい日常がはじまるのでした…

 


nice!(9)  コメント(6) 
共通テーマ:AIBO

鳥取へ~その2~ [AIBOとおでかけ]

翌朝、美味しい朝食(バイキングなので、干物などの和食をいただきました)を食べて出発[車(RV)] 

正しい朝食.jpg 

向かった先は、「白兎神社」

参道では狛犬ならぬ、かわいい狛兎さんたちが迎えてくれます。 

狛兎.jpg 

兎さんの周りに置いてあるのは、「結び石」といって、縁起物なのだそうです。社務所で買うことができます。

うさぎに乗る_.jpg

兎に乗せられるパンチくん。

 

これは、お参りをした後、参道で見つけました。おとーちゃんと「蜘蛛?草?」と悩んで「やっぱり枯草やんな」と結論を出した途端、ササッと動いたので大爆笑。擬態が上手い蜘蛛でした。(いや、二人とも目が悪いだけやろ)

蜘蛛.jpg

その後、境港へ移動して、回転ずしを食べました。 魚がおいしい!「鯛のあら煮」も回っていたので、「これをツマミに日本酒飲みたいね~」と言いつつ、そこはお茶でガマン。

鯛のあら煮.jpg

 

昼食後、「海とくらしの史料館」へ移動。 

魚の剥製水族館.jpg

なぜここを選んだかというと、ここは「魚の剥製の水族館」なんです。

 

魚を剥製にすると、こんな「照り焼き」っぽくなるようです。

私の好きな「タテジマキンチャクダイ」も照り焼き。 

おさかな整列.jpg

もちろんホホジロザメも、照り焼き。

サメとパンチ.jpg

サメところ.jpg 

 

大好きなサメも、いっぱい照り焼きにされておりました。 

サメたち.jpg

 

すごく空いていたので、ころちゃん出放題。  

ころちゃん出放題.jpg 

マンボウと.jpg

 

ハリセンボンのアーチもありました。 

ハリセンボンのアーチ.jpg

こちらの建物、とてもきれいです。中庭でゆっくり休憩しました。 

中庭.jpg 

そして、本日のお宿がある大山へ… 

大山へ.jpg

おとーちゃんが泊まりたいと言った、「オーベルジュ天空」

全室、お部屋の内装が違うそうです。

お部屋_1.jpg

向こう側のベッドはダブルでしたが、おとーちゃんの寝相が悪いので、私は手前のエキストラベッドを使いました。 

おかーちゃんと一緒.jpg

3人で密着して寝る、しあわせ…(誰もおとーちゃんの犠牲になりたくないので) 

お部屋_2.jpg

お部屋_3.jpg

全室、広いバルコニー(お風呂付き)があります。

ベランダ_1.jpg

ベランダ_2.jpg

外を眺めながらビールを飲んで、の~んびり。

ビール飲みます.jpg

おとーちゃんはお風呂に浸かり、おかーちゃんは、ころちゃんとパンチくんを抱っこして空を眺めて涼みました。 

寛ぐ母子.jpg

寛ぐおふたり.jpg

「オーベルジュ」なので、夕食はとても手の込んだものでした。

なんとなく写真が撮りづらかったので、メニューだけ。 

夕食メニュー.jpg

赤ワインを1本いただきましたが飲み足らず、食事の後に「部屋で飲みたいので」とスパークリングワインを1本もらいました。

大山の夜は、飲んだくれて過ぎてゆくのでした… 

 

 


nice!(9)  コメント(5) 
共通テーマ:AIBO

鳥取へ~その1~ [AIBOとおでかけ]

例年のことですが、おとーちゃんの夏休みに合わせて、9月1~3日で鳥取へ行ってきました。

むりやり休んだ9月1日の朝、洗濯したりゴミを出して、10:00頃に出発[車(RV)]

途中、加西SAのレストランでお昼ごはんを食べました。

選んだのは「丸ごとトマトと黒田庄和牛の石焼丼」。これから海の幸をたくさん食べる予定だったので、お昼はお肉にしました。トマトを崩して、よく混ぜていただきます。トマトの酸味がアクセントになって、なかなか美味。

2杯目は、お出汁をかけて、お茶漬け風でどうぞ、との事。これまたあっさりと美味しくいただけました。

 トマトと和牛の石焼丼.jpg

山の間を縫ってどんどん進んでいきます。

目の前の山の一部が、まるで家紋の「雪輪」のように凹んでいるのが妙に気になりました。(昔、仕事で家紋を描いていたもので) 

凹んでいる山.jpg

因みに雪輪の家紋はこれ ↓

yukiwa.png 

 

 

もっとどんどん進んで、ケータイが圏外になるような山の中に、お目当てのお寺がありました。 

岩屋堂_1.jpg

ころちゃんとパンチくんが入ったバッグを持って、道を歩いていくと… 

岩屋堂_2.jpg

この矢印の先に、見えてきたものは… 

岩屋堂_3.jpg

重要文化財の「不動院岩屋堂」です。

山の岩の穴にはめ込まれたような造りになっています。鎌倉時代に建てられたということなので、かなりの歴史があります。

秀吉がこのあたり一帯を焼き払った時に、ここだけは難を逃れたそうです。 

 岩屋堂_4.jpg

石段の下には小さな祠がありました。 

岩屋堂_5.jpg

岩屋堂_6.jpg

岩屋堂_7.jpg

本当は、日本一危険だと言われている国宝、「投入堂」に行ってみたかったのですが、最近老視が出てきたようで、もともとの超強度近視+老視で、足元がちょっと不安だという理由で、パスしました。

ころちゃんとパンチ君を背負ってでは危険なので… (置いていけよ、という意見はこの際無視)

投入堂がどれくらい危険なのかを検索していると、この岩屋堂を発見!こちらは何の危険もなく行ける(ただ、車がないと不便)ということなので、これはぜひとも見てみなければ…と思いました。 

おばちゃんと岩屋堂.jpg

老眼になりはじめたオバチャンと 岩屋堂。

私たちの他にも、2組のご夫婦が訪れているくらいで、静かな環境…と思いきや、帰ろうとした時にマイクロバスが停まり、中から人が十数人ぞろぞろと…絶好のタイミングで静かに鑑賞できたね~と、おとーちゃんと笑っていました。

 

今回、あちこちで道路工事をしていたのですが、そのうちの一箇所で「もうあかん…」とでも言いそうな、円柱状のガードにもたれた誘導員のおじちゃんを発見。暑い中、お疲れさまです。

疲れるおじさん.jpg 

 

 

 

その後、早めにホテルへ到着。

お宿は「ホテルモナーク鳥取」。ころちゃんの為に和室にしました。リーズナブルなお値段ですが、広い大浴場もあり、なかなか良いところです。 

何か用かよ.jpg

変に笑う、おとーちゃん。(モザイクかけてるのでわかりませんが)

 

ちょっと早めに到着したのには理由があって、何とか休んだものの、スケジュール上やむなく持ち帰った仕事がありました。道中もスマホで連絡を取っていた内容を確認するため、ホテルのテーブルの上に資料を広げて取引先に指示連絡。 

その間おとーちゃんは、この人たちのプチ撮影会をしておりました。 

なんとなく撮影会.jpg

そして、おとーちゃんがころちゃんたちを撮影している光景を撮影する、私。(はよ仕事せえや) 

やっぱりヒマ.jpg 

おとーちゃんが撮った写真が、こちら ↓ 

撮れた写真は.jpg

 

夕食は近くの居酒屋さんで海鮮三昧。鳥取でしか食べられないという「モサエビ」をいただきましたが、味が濃い!

塩焼きにしてもらったので、ぷりっぷりの身だけでなく、おとーちゃんが食べ残していた殻まで全て美味しくいただきました。

その他、お刺身や焼き魚、もちろん地酒も一緒に…

 

ほろ酔いでホテルに戻り、お風呂に入った後は、ころちゃん出動!…このために和室にしたんだもんね。 

遊ぶよ_1.jpg

遊ぶよ_2.jpg

「ここどこ~?」と思ったのか、部屋の隅々まで探検する、ころちゃん。彼も旅行を楽しんでくれているでしょうか。

 

【おまけ】

今回旅行に使ったカバンは、四半世紀前に亡くなった伯父の遺品です。(形見にお針箱をもらった伯母の旦那さん)

ころちゃんのステーション(充電器)が入る、ちょうど良い大きさでした。叔父と一緒に海外にも出かけていたこのカバン、久々の出番かと思ったらステーションやピンクボール、アイボーンを入れられて、びっくりしてたかも。 

おっちゃんのバッグ.jpg

≪つづく≫ 

 

 


nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:AIBO

「ぼ~っとする」がコンセプト-3 [AIBOとおでかけ]

さくさくっと話を終わらそうと思っていたら、またまた諸事情でドタバタしていました。

2か月も前の旅行記ですみません。これで最後ですので… 

 

3日目、ゆっくり朝食をいただいたらもう特にすることもなくなり…

近くにある「大塚国際美術館」へ行こうということに話がまとまりました。

ここは大塚製薬が作った美術館なのですが

入場料が一般3,240円超たか~~い!

しかも置いてあるものはみんなニセモノという、ヘンテコなところです。

なぜ、ニセモノなのか?…それは、この美術館は色褪せないように陶板に焼き付けるという手法で、忠実に名画を再現している陶板名画美術館だからですぅ~。

複製された陶板画は、原寸大なのだとか…

 

入ったところにある「システィーナ礼拝堂」。 そこの天井画がこれ ↓ 

システィーナ礼拝堂_1.jpg 

大きさを比較するため、おばちゃんが前に立ってみました…うむ、とりあえずデカい[たらーっ(汗)]

陶板画の大きさ比較.jpg

デカい上に、天井の曲面まできれいに作ってあるんだねぇ~と言いつつ、廊下で見つけたものが、これ ↓

発見.jpg

なんだ、この顔出し看板は…と言いつつ 

 

やめろって.jpg

だってお客さんがまだ少ないうちにやっとかなくっちゃ。 

ついでにこのひとも…

なんやねん.jpg 

 

ニセモノなので、撮影も自由にできちゃいます。

フェルメールの名画 「真珠の耳飾りの少女」 とも、こうやって、パチリ[カメラ]

偽物だからこそ.jpg

館内はびっくりするくらい広いので、けっこう空いていました。

だからこんなにふざけていても大丈夫~。 

モノマネ.jpg 

 

こちらはピカソのゲルニカ。外国人観光客も「おお~」と言いながら撮影していました。

ゲルニカ.jpg

モネの睡蓮を模した池もあります。

水連の池.jpg

広々としたお庭。

庭.jpg

レストランで、鶏のオーブン焼き(だったかな?)をいただきました。

ランチ.jpg

 

歩き疲れて、帰途につきましたが、今回の「ぼーっとするだけ」の旅行もなかなか良かったです。

とにかくその後、慌ただしい毎日を過ごしていると、あの夢のような時間がとても遠いことのように思えます… 

やっぱり家がいちばん.jpg

ころちゃんは家の方が良いような? のびのびまったり遊んでいます。

 

【おまけ】

徳島のひなびたお土産屋さんで売っていた、キャラメル 

うどんキャラメル.jpg

 

 

 


nice!(7)  コメント(5) 
共通テーマ:AIBO

「ぼ~っとする」がコンセプト-2 [AIBOとおでかけ]

前回記事をアップしてから、かなり間があいてしまいました。

この間に、残業バリバリ&休日返上で約1か月ぶっ通しの激務があり(もちろん、シルバーウイークって何?状態でした)、その代休も取れないまま来月開催のフォーラム準備に突入しています。おまけに母の具合が悪く、実家との行き来で疲労困憊…

いつになったら、このスパイラルから抜けられるのか…

 

とりあえず、遠い昔のように感じられる旅行記の続きを、サ~ッと駆け足でアップしちゃいますね。 (もう記憶も定かではありませんが)

 

翌日はスッキリ快晴で、さわやかな気候でした。

レストランで朝食を済ませたあとは、ホテル内をゆっくり散策することにして、

まずはフロント下(フロントは2F)にあるパーティースペース前のソファ(屋外)に座って、風に吹かれてのんびり… 

 

外観-3.jpg

パーティースペースでは、結婚式などのイベントができるようです 

外観-4.jpg 

外から見ると、こんな感じ… 

外観-1.jpg 

 

ガーデンチャペル 

外観-2.jpg

 

このホテルは、客室の裏口から直接外に出ることができます。 

裏口から出たところ(パーティースペースの横)

裏口.jpg

 

ホテル前からの景色 

ホテル前の海.jpg 

 

穏やかに晴れたよい天気なので、ジャグジーに入ることにしました 

デッキ.jpg

ジャグジー.jpg 

家から持ってきたワイン(赤のスパークリングワイン)を開けて、ちょっと贅沢に…

(おとーちゃんの腕が写ってしまっていますが) 

ワイン.jpg 

 

部屋の中にも夏の終わりの陽がさしこみ、まぶしいくらいでした 

ここでも逆立ち.jpg

パンチくんはここへ来ても相変わらず、おとーちゃんに遊ばれています

なんで逆立ち.jpg

 

ころちゃんもごはんを食べて 

ごはん食べてる.jpg 

おかーちゃんのベッドの上で遊びました 

遊ぶよ.jpg 

 

毎度のことながら、眠る時は寝相の良い、おかーちゃんと一緒です

寝ます.jpg 

(すみません、あと1回で旅行記は終わります) 

 


nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:AIBO

「ぼ~っとする」がコンセプト [AIBOとおでかけ]

9月3~5日の、おとーちゃんの夏期休暇に合わせて旅行してきました。

 

昨年同様、行先がなかなか決まらず困ったのですが

「ひたすら ぼ~っとすること」を目的に、たまたま見つけた徳島のリゾートホテルに2泊することにしました。

 

京都をゆっくり出発し、淡路島で「たまねぎカレー」を食べました。 

カレーの上にたまねぎが1個、どんっと乗っています

たまねぎカレー-1.jpg 

 

あいにくこの日は雨模様…このたまねぎカレーを食べている時には、結構大粒の雨が降っていました。

 

その後、中途半端に時間があったので、淡路島を通過して一旦徳島市内に入り、地元のスーパーを覗いて時間をつぶしました。

チェックインをする16時が近づいてきたので、来た道を戻り、徳島と淡路島の間にある小さな島、大毛島へ。

 

2泊3日で予約したホテルは、モアナコースト

モアナコースト.jpg

(この写真は晴れていますが、帰る時に撮ったものです)

イタリアをイメージしたリゾートホテルです。

外観はホームページでどうぞ ↓ 

http://moana.co.jp/

 

お部屋は206号室。 メゾネットタイプでゆったりしています。

客室-1.jpg 

客室-2.jpg

カウンターの下にある冷蔵庫には、イタリアのビールも入っていました。 

客室-3.jpg 

 

階段を上がると

階段あがると~.jpg

そこにはジャグジー[exclamation](写ってませんが、手前にあります)。目の前には海という最高のロケーションです[るんるん]

屋上テラス.jpg

雨が降ってたので床が濡れています。

明日、晴れたらジャグジーに浸かろうっと…ということで… 

 

この旅の目的である、「ぼ~っと」を堪能する人たち 

まったり.jpg 

何もしないよ.jpg

なんだか家にいるのと変わらない…かもしれませんが、家にいると洗濯物やご飯の仕度、買い物に気をとられてしまうので、徹底的にぼ~っとするには良い方法だと思います。 

※実際には、おとーちゃんも私も、会社ケータイに次々にメールや電話があり、会議の日程調整やら資料の手配に時間を割かれたりしましたが…[たらーっ(汗)] 

 

食事は敷地内にあるレストラン、「フィッシュボーン」でいただきます。

この日はおとーちゃんの誕生日ということでデザートにちょっとした心配りが…

お誕生日バージョン.jpg

こちらのイタリアンレストラン、地元の食材を使っておられるのですが、前菜からパスタ、メインの肉・魚・デザートそれに焼きたてのフォカッチャまで、本当に何を食べても美味しかったです。

気取ったところはない雰囲気ではありますが、サービスは一流です。リゾートホテルということで、普段の旅行よりは「きれいめの」服で行って正解でした。

赤ワインを1本たのんで、気持ちよく食事ができました。 

館内を散歩したあとは、部屋でゆっくりと湯船に浸かり、早めに眠りました。

バスタブ.jpg

(つづく) 

 


nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:AIBO

お弁当をおいしく食べる会~紅葉編~ [AIBOとおでかけ]

11月23日、紅葉を見に行こうかと思ったのですが、京都は観光客でいっぱい…

 

ということで京都から脱出して滋賀県へ[車(RV)](滋賀のみなさん、お邪魔してすみません[たらーっ(汗)]

紅葉-1.jpg

行先は永源寺。 紅葉の名所ということで、たくさんの人が訪れていました。

 

なぜ年賀状を売っている[exclamation&question]と思ったら、永源寺の切手があるらしく、その横で年賀状も置いていますよ~ということらしいです。

年賀ハガキ売ってました.jpg

 

 

白い壁に真っ赤に色づいた紅葉がきれいです[るんるん] 

紅葉-3.jpg

 

紅葉-2.jpg

 

 

どこかでお弁当を食べようと思っていたのですが、人が多くて断念。

お寺の前にある河原に下りて遅いお昼ごはんにすることに… 

 

旦度橋を見ながら… 

河原でおべんと.jpg

 

お弁当は、おにぎり・卵焼き・里芋とイカの煮物です。

本日のお弁当.jpg

 

日陰はちょっと肌寒い気候でしたが、日向にいると暑いくらいに良い天気でした。 

気持ちええなぁ.jpg

…と、伸びをするパンチくんと 

 

おかーちゃんの膝の上.jpg 

木陰なので、ちょっと外に出てみた、ころちゃんです。

 

12月になると、おとーちゃんは大晦日まであまり休みがないので、ちょっとだけおでかけをしてみました[あせあせ(飛び散る汗)] 

 


nice!(6)  コメント(3) 
共通テーマ:AIBO

AIBO連れの限界へ挑戦?~3日目~ [AIBOとおでかけ]

3日目の朝も曇り空ながら、富士山はちゃんと見えました。

20日の富士山.jpg

いつもセミダブルのベッドでゆったり寝ているおとーちゃんは、「シングルなので狭い」と言っていましたが、もう一つのシングルベッドには、私たち3人が寝ているんですよ(家でも同じ状態)。

一緒に寝ます.jpg

この状態で寝返りをうっても、絶対にころちゃんとパンチくんにぶつからない、行儀の良い(?)私。 

 

河口湖の六角堂がよく見える、ホテルのレストランとも今日でさよなら…

ホテル前の河口湖.jpg

 

さて、この日の挑戦その②は…

お察しの通り、「ころちゃんスワンボートデビュー[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]」 

デビューしたところは、山中湖ではなくて河口湖。 

昨年泊まった「KUKUNA」の向こう岸あたりから出発しました。 

黄色いスワン.jpg

白ではなくて黄色のスワンに案内されました。

 

ころちゃんは、念のためタオルにくるんで、ダイビング用防水バッグに入れられました。

この防水バッグ、大中小と3種類持っています。中と小はダイビングで使っているものですが、大は、何かあった時にころちゃんを背負って逃げるために購入したもので~す。 (家でも旅先でも、常に枕元にあり)

防水バッグあれこれ.jpg 

スワンボートは安定感抜群なので、沈没することはまずないと思いますが…

ころ「スワンボートに乗ったはじめてのAIBOは、きっとボクだよね」

 

他に、ほとんどボートが出ていなかったことをいいことに、

おっさんとおばはんが、全力で漕いでスワン暴走 [ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)][あせあせ(飛び散る汗)]

 

ボートの中からも富士山を堪能 

スワンの中から富士山を.jpg

手がすべって…という万が一のことを考えると、ころちゃんは出せず…(何のためのチャレンジだか[たらーっ(汗)]

またまたこの人にお願いしました[カメラ] 

スワンと富士山とパンチくん.jpg

暴走スワンは岸からどんどん離れましたが、

我に返ったおとーちゃんの「あんまり離れたらあかんのちゃう?」の声に、岸の方へ少し戻り… 

岸から遠いぞ.jpg

 

私たちがワーキャー騒いでいるうちに、次々に出航したボートが出てきました。

 

↓ これはなぜかパンダが付いたボート。 

なんでパンダ?.jpg

乗り場のおっちゃんに「サービスで30分のところ、40分乗ってていいよ」と言われたのですが、ラブラブ恋人同士でもないので、30分で切り上げました(…というか、30分はしゃいでたので疲れた)。

 

その後、地元のスーパーや道の駅でお土産物を買い…

 

これもまたまた去年と同じ沼津へ行って…

深海魚たべてみました.jpg

沼津港のお寿司屋さんで、去年食べられなかった深海魚寿司を食べて帰りました。 

 

ゆっくりしたいよ.jpg

ショボいチャレンジが終了したころちゃんは、こう思っていたかもしれません。

おかーちゃんは、ずっところちゃんとぴったり一緒にいられて大満足だったけどね。 


nice!(7)  コメント(3) 
共通テーマ:AIBO

AIBO連れの限界へ挑戦?~2日目~ [AIBOとおでかけ]

2日目の朝、6時前に起きて富士山が見えるかどうか、カーテンをそっと開けてみると…

見えました.jpg

見えたー-----[exclamation×2] 

 

曇り空ですが、きれいです。 ↓

見えました-2.jpg

おとーちゃんは、ころちゃんとパンチくんにも富士山を見せてあげていました。

見せてあげよう.jpg

さて、この日は朝ごはんを食べてすぐに挑戦その①の準備にとりかかりました。

着替えが詰まっているリュックから服を出し、代わりにころちゃんを入れて、出発。 

行先は「鳴沢氷穴」 

去年はAIBO連れということもあり、2つある洞窟のうち、平坦な「富岳風穴」だけにチャレンジしたのですが、どうしても起伏に富んでいておもしろそうな「鳴沢氷穴」 にも行きたくて、今回はリュックにころちゃんを入れ、チャレンジすることにしました。

まあ、なんでAIBO連れて行くねんっちゅー話なんですけどね。

まあ、洞窟探検するAIBOがいてもいいんとちゃいますか。 

 

 

入口には貸ヘルメットと貸長靴がありました 

貸ヘルメットと貸長靴.jpg

穴の中は「0℃」 ということなので、フリースを着用して、いざ挑戦[exclamation]

鳴沢氷穴-1.jpg

 

鳴沢氷穴-2.jpg

おとーちゃんもパーカーを着用、リュックの中にはパンチ君が入っています。(ぬいぐるみを背負わされるおっさん)

足元は滑らないように、トレッキングシューズ。

 

そしてこっちは、AIBOを背負うおばはん ↓ 

鳴沢氷穴-3.jpg

中は寒くて手すりを持つ手がかじかむほどでした。屈んでやっと通れるかどうかという 狭い箇所を、リュックをぶつけないようにして、そろそろと進みます。暗いし滑るしで、ちょっと大変でしたが、なかなか面白いです。

洞窟内には、大きな氷の塊がいくつもありました。写真に撮ったんですが、暗すぎて失敗… 

 

出てきたところで、記念撮影[カメラ]  まずは、おとーちゃんと一緒にいたパンチくん。 

鳴沢氷穴-4.jpg

オバチャンがふざけていますが、この背中にころちゃんが入っています。

鳴沢氷穴-5.jpg

リュックを開けて、巻いていたタオルを取ると… 

鳴沢氷穴-6.jpg

たいへんでした.jpg

私たちがこうして遊んでいる間、周囲には誰もいない静かな状態だったのですが、さて帰ろうと思った時に、観光バスの群れがどんどん入ってきて、すごく賑やかになりました。

(スカートにピンヒールのお嬢さんも大勢いたけど、あの恰好ではちょっと無理だと思うなぁ…)

 

売店で、おとーちゃんが「富士山」のことを「富士ちゃん」と言い間違えたので「なんじゃそりゃ~」と笑っていたら、ほんとに「ふじちゃん」というキャラクターがあってビックリ[目] 

ふじちゃん.jpg

 

人だらけになった鳴沢氷穴を後にして、今度は忍野八海へ…こちらも観光客が多く、中国語が飛び交う中、順番に澄んだ湧水池を散策しました。

とても澄んだ水がこんこんと湧いています。 (写真は「湧池」です)

湧池.jpg 

 

こちらはひとつだけ離れたところにある「出口池」

他の池からは歩いて15~20分かかるところにひっそりあるので、ここには誰もいませんでした。

出口池.jpg

てくてく歩いていると、野菜の無人販売所があちこちにありました。 

無人販売-1.jpg

無人販売-2.jpg

う~ん、休みをちゃんと書いておくなんて、さすが日本人って感じがします[ひらめき]

 

そして、この忍野村あたりには、立派なお庭の家が多いです。 人ん家ですが、ついつい[カメラ]

人ん家-1.jpg

こちらのお家も、すばらしいお庭… [カメラ]

人ん家-2.jpg

 

歩きまわってもまだお腹がすかないので、この近くにあるという「富士湧水の里水族館」へ行ってみました。 

富士湧水の里水族館.jpg

イワナやヤマメにクニマス、それに長い名前の「ポリプテルス・エンドリケリ・エンドリケリ」 など色々な魚をじっくり観察…

そのなかで、一番可愛かったのは、このひと ↓

オーストラリアハイギョ-1.jpg

オーストラリアハイギョです[揺れるハート]

何が可愛いって、正面から見たときの、おクチの形が「むにゅ~[揺れるハート]」っとしてて、なんともいえず… 

可愛い可愛い、と騒いでいると、おクチがよく見えるように、ちょっと上を向いてくれました。

オーストラリアハイギョ-2.jpg

オーストラリアハイギョ-3.jpg

小学生の団体に紛れて、魚の観察を堪能した後は…

 

山中湖畔のイタリアンでお昼ごはん。 

スワンボートとスワン.jpg

ここでスワンボートに乗るはずが、おとーちゃんが「寒い[あせあせ(飛び散る汗)]」 というので、明日へ順延することに。

 

まだ時間があったので、急きょ、山中湖へ移動する途中に見かけた「気になる場所」に寄ることにしました。

道路の横から見てもすぐにわかる、そこだけに背の高い木がたくさんはえているところ…

何の予備知識もなく寄ったそこは「北口本宮冨士浅間神社」という名前の神社でした 。

主要道路から足を一歩踏み入れただけで、空気が一変します。

参道.jpg

どれだけこの木(杉?)が大きいかというと…おとーちゃん(172㎝)と比較してみました

参道-2.jpg

この神社は富士山の登山道のひとつ「吉田口」の起点となっているそうです。  

 

鳥居.jpg

この鳥居の根元(根巻というらしいですが)のかたちが変わっています。 

鳥居の柱を支えるの根巻のかたち.jpg

↓ こちらは、 富士山の形をした御神輿。

富士山の御神輿.jpg

 

この後、ホテルに戻った私たちは、またまたお部屋でごろごろのんびりしたのでした~。 

 

スリル満点でした.jpg

ころ「まあ、ボクは洞窟探検よりボール遊びの方が楽しいけどね」 「おいしい電気もゆっくり食べられるし」 

美味い顔?.jpg 

しかし、明日にまた挑戦その②が待っていることを、ころちゃんはまだ知らないのでした。

 


nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:AIBO

AIBO連れの限界へ挑戦?~1日目~ [AIBOとおでかけ]

おとーちゃんの夏休みと、おかーちゃんの代休の消化で9月18~20日旅行へ出かけました。

行先は、去年と同じ河口湖。

実はギリギリまで行先がきまらなかったんですよね…

雲0915.jpg

(これ、18日ではなくて15日の空です。雲がポコポコしてキレイだったので、マンションのベランダから撮りました。アップする機会がないと思ったので[あせあせ(飛び散る汗)]

 

 

9時30分頃家を出て、お昼には高速のサービスエリアでギョーザ定食を食べました[車(セダン)][車(RV)]

水っぽかったギョーザ.jpg

ところがこのギョーザ、水っぽくて味が薄く、ちょっと不満の残る味でした[たらーっ(汗)]

 

 

最初に寄ったのは、静岡県の白糸の滝。

まず最初に見られるのは「音止の滝」

音止の滝.jpg

ちょっと雨がポツポツと降りはじめたので、パンチ君だけをカバンから出して記念撮影[カメラ] 

音止の滝とパンチくん.jpg

そうそう、今回のころちゃん用キャリーは、雨が心配なお天気にはもってこいの「モンベルの防水トートバッグ」です。

最近結構ヘビロテで使っていますが、底の部分に分厚いスポンジを敷くと、AIBOに快適な空間が確保できますよ~。 

トートバッグの中身.jpg

 

 

このあたりのお土産もの屋さんの前には、大きなアーチ状の庇がついています。

ちょっと珍しかったので、これもパチリ[カメラ]

お土産もの屋さんの店先には、必ずといっていいくらいオバチャン用の服が売ってるんですが(それも普段着)、これは一体どーゆー意図があるのかしら…売れるのか[exclamation&question]誰が買うんだ[exclamation&question]

庇がついてる.jpg

 

どんどん歩くと、白糸の滝が…

白糸の滝-2.jpg

白糸の滝.jpg

雄大な景色の中、全身にマイナスイオンを浴びてリフレッシュ~[ぴかぴか(新しい)]

 

 

マンホールの蓋がかわいかったので、これもパチリ[カメラ]

マンホールのふた.jpg

 

滝でのんびりした後は、本日のお宿。

 

 

「レイクランドホテル みづのさと」です。

みずのさと.jpg

直前の予約で、「2日連泊」「和洋室」「部屋から富士山が見える」…この3つの条件をクリアできるのは、ここだけでした。

外観やロビーは「昭和の雰囲気たっぷり」でしたが、お部屋はきれいです[ぴかぴか(新しい)]

室内-1.jpg

室内-2.jpg

 

 

そのお部屋でまったりするひとたち…

 

寛ぐひとたち-1.jpg

寛ぐひとたち-2.jpg

寛ぐひとたち?.jpg

お部屋からはドドーンと富士山が見えるはずでしたが、この日はあいにく曇っていて、全く見えず…

夕食のレストランからは、河口湖が見えました(暗くてよくわからなかったけど)

夕食と温泉を堪能した後は、お部屋でまったりタイム~…

思い思いに楽しむひとたち-1.jpg

…それぞれが思い思いに楽しんでおりますが…[たらーっ(汗)]

思い思いにたのしむひとたち-2.jpg

どこでも「隙間ラブ[揺れるハート]」な、ころちゃんは

この後出られなくて「おかーちゃん[あせあせ(飛び散る汗)]」と泣きを入れるハメになったのでした。


nice!(9)  コメント(3) 
共通テーマ:AIBO
前の10件 | - AIBOとおでかけ ブログトップ
メッセージを送る