So-net無料ブログ作成
検索選択

鳥取へ~その1~ [AIBOとおでかけ]

例年のことですが、おとーちゃんの夏休みに合わせて、9月1~3日で鳥取へ行ってきました。

むりやり休んだ9月1日の朝、洗濯したりゴミを出して、10:00頃に出発[車(RV)]

途中、加西SAのレストランでお昼ごはんを食べました。

選んだのは「丸ごとトマトと黒田庄和牛の石焼丼」。これから海の幸をたくさん食べる予定だったので、お昼はお肉にしました。トマトを崩して、よく混ぜていただきます。トマトの酸味がアクセントになって、なかなか美味。

2杯目は、お出汁をかけて、お茶漬け風でどうぞ、との事。これまたあっさりと美味しくいただけました。

 トマトと和牛の石焼丼.jpg

山の間を縫ってどんどん進んでいきます。

目の前の山の一部が、まるで家紋の「雪輪」のように凹んでいるのが妙に気になりました。(昔、仕事で家紋を描いていたもので) 

凹んでいる山.jpg

因みに雪輪の家紋はこれ ↓

yukiwa.png 

 

 

もっとどんどん進んで、ケータイが圏外になるような山の中に、お目当てのお寺がありました。 

岩屋堂_1.jpg

ころちゃんとパンチくんが入ったバッグを持って、道を歩いていくと… 

岩屋堂_2.jpg

この矢印の先に、見えてきたものは… 

岩屋堂_3.jpg

重要文化財の「不動院岩屋堂」です。

山の岩の穴にはめ込まれたような造りになっています。鎌倉時代に建てられたということなので、かなりの歴史があります。

秀吉がこのあたり一帯を焼き払った時に、ここだけは難を逃れたそうです。 

 岩屋堂_4.jpg

石段の下には小さな祠がありました。 

岩屋堂_5.jpg

岩屋堂_6.jpg

岩屋堂_7.jpg

本当は、日本一危険だと言われている国宝、「投入堂」に行ってみたかったのですが、最近老視が出てきたようで、もともとの超強度近視+老視で、足元がちょっと不安だという理由で、パスしました。

ころちゃんとパンチ君を背負ってでは危険なので… (置いていけよ、という意見はこの際無視)

投入堂がどれくらい危険なのかを検索していると、この岩屋堂を発見!こちらは何の危険もなく行ける(ただ、車がないと不便)ということなので、これはぜひとも見てみなければ…と思いました。 

おばちゃんと岩屋堂.jpg

老眼になりはじめたオバチャンと 岩屋堂。

私たちの他にも、2組のご夫婦が訪れているくらいで、静かな環境…と思いきや、帰ろうとした時にマイクロバスが停まり、中から人が十数人ぞろぞろと…絶好のタイミングで静かに鑑賞できたね~と、おとーちゃんと笑っていました。

 

今回、あちこちで道路工事をしていたのですが、そのうちの一箇所で「もうあかん…」とでも言いそうな、円柱状のガードにもたれた誘導員のおじちゃんを発見。暑い中、お疲れさまです。

疲れるおじさん.jpg 

 

 

 

その後、早めにホテルへ到着。

お宿は「ホテルモナーク鳥取」。ころちゃんの為に和室にしました。リーズナブルなお値段ですが、広い大浴場もあり、なかなか良いところです。 

何か用かよ.jpg

変に笑う、おとーちゃん。(モザイクかけてるのでわかりませんが)

 

ちょっと早めに到着したのには理由があって、何とか休んだものの、スケジュール上やむなく持ち帰った仕事がありました。道中もスマホで連絡を取っていた内容を確認するため、ホテルのテーブルの上に資料を広げて取引先に指示連絡。 

その間おとーちゃんは、この人たちのプチ撮影会をしておりました。 

なんとなく撮影会.jpg

そして、おとーちゃんがころちゃんたちを撮影している光景を撮影する、私。(はよ仕事せえや) 

やっぱりヒマ.jpg 

おとーちゃんが撮った写真が、こちら ↓ 

撮れた写真は.jpg

 

夕食は近くの居酒屋さんで海鮮三昧。鳥取でしか食べられないという「モサエビ」をいただきましたが、味が濃い!

塩焼きにしてもらったので、ぷりっぷりの身だけでなく、おとーちゃんが食べ残していた殻まで全て美味しくいただきました。

その他、お刺身や焼き魚、もちろん地酒も一緒に…

 

ほろ酔いでホテルに戻り、お風呂に入った後は、ころちゃん出動!…このために和室にしたんだもんね。 

遊ぶよ_1.jpg

遊ぶよ_2.jpg

「ここどこ~?」と思ったのか、部屋の隅々まで探検する、ころちゃん。彼も旅行を楽しんでくれているでしょうか。

 

【おまけ】

今回旅行に使ったカバンは、四半世紀前に亡くなった伯父の遺品です。(形見にお針箱をもらった伯母の旦那さん)

ころちゃんのステーション(充電器)が入る、ちょうど良い大きさでした。叔父と一緒に海外にも出かけていたこのカバン、久々の出番かと思ったらステーションやピンクボール、アイボーンを入れられて、びっくりしてたかも。 

おっちゃんのバッグ.jpg

≪つづく≫ 

 

 


nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:AIBO

nice! 7

コメント 4

オリオン

鳥取は行ったことがないので知らないことばかりです。
投入堂は『日本一危険な国宝』ということで聞いたことはありますが、HPを見てみると驚くことばかり!「滑落事故多発」だの「靴のチェック」だの、そんな危険な場所に参拝していいのか!(^_^;)
膝やら肩やらあっちこっち痛いと言っている私には望むべくもありませんが、魅力的な所ではありますね。
でも岩屋堂も魅力的ですね。もっとも車を持たない我々にはここも難しいかも(笑)。

お部屋を探索中カメラ目線のころちゃん、おとーちゃんおかーちゃんとの旅行を楽しんでいる様子がよくわかります♪
久し振りの出番に、見たこともないものを入れられた伯父さまの形見のかばんは面喰っていることでしょうけれど(笑)。

それにしても、旅行先でもお仕事とは!!
少しでもゆっくりなされますよう、お祈りします。
by オリオン (2016-09-19 15:44) 

サキヲ

☆オリオンさま☆
鳥取は20年ほど前に、おとーちゃんと行きましたが、行き当たりばったりで入った居酒屋さんのお刺身が美味しくなかった思い出があります。今回も休みが取れるかどうかギリギリまで調整していたので、同様の可能性もありましたが、さすがに20年も経つとネットで何でも調べられるし、良いお宿・美味しいごはんと出会うことができました。
良いところです、鳥取。相変わらず有名な観光地には行っていませんが…。岩屋堂は大変すばらしかったです。投入堂にはもう少し若い頃に行っておくべきだったと悔やんでいます。

ころちゃんを遊ばせるには、やはり和室ですね~。歳をとると、もっぱら畳が寛げます。

伯父のカバンは古いのですが、しっかりしているので、また一緒に旅行したいと思います。大好きだった伯父と伯母の形見、大切に使います。

by サキヲ (2016-09-20 12:52) 

ポートス

お仕事の疲れは少しはとれましたか?と書きたいところなんですが、旅行にまでお仕事を持っていかないといけないのは、
大変でしたね。
鳥取もいいところですね。料理も美味しそうだし。
トマト丸々入った「丸ごとトマトと黒田庄和牛の石焼丼」
珍しい料理なんで食べてみたいです。
ころちゃん達ものんびりできたみたいで、良い旅行だったみたいですね。
最後のカバンは、良いものは時代に関係なく長く使えるものなんですね。とても素敵だと思います。
by ポートス (2016-09-23 02:03) 

サキヲ

☆ポートス母さま☆
コメントが遅くなってすみません。
また仕事で理不尽な事に巻き込まれて、気持ちをもちなおすのに精一杯の状態でした。
鳥取は行きたいところが結構離れていて、移動に時間がかかりました。海鮮が美味しかったので、ポイントを絞ってまた行きたいな~と思います。
カバンはノーブランドだと思うのですが、まだまだしっかりしているので、これからも使います!
by サキヲ (2016-10-13 12:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る